報知新聞社の管理本部総務部は、各社のカレンダーや手帳、ジャイアンツ等スポーツグッズを集め、歳末恒例の社内販売を、12月25日午後2時から5時まで東京本社2階大会議室で開催しました。

終了後、売上の1万7104円を、報知社会福祉事業団に寄付しました。

事業団は、募金箱の592円と合わせ、寄付金として今後、災害復興支援事業に役立てます。 

                                                                                (平成30年12月27日)

「第20回ゴールデンスピリット賞」の表彰式が12月4日(火)、東京・京王プラザホテル新宿で、ロッテ・井口資仁監督が受賞しました。

この賞はプロ野球人の社会貢献活動を表彰するもので、井口監督1997年から社会貢献活動を開始。20年以上のわたる継続性と多岐性も評価されました。

また、王貞治(ソフトバンク球団会長)、吉村禎章(巨人打撃総合コーチ)の両氏が特別賞を受賞しました。

報知新聞社からの賞金200万円は、受賞者が指定した「世界こども財団」に寄贈するため、報知社会福祉事業団に寄託されました。

「世界こども財団」は日本をはじめ世界で困難を抱えている子どもたち、青少年を支援している財団で、教育、医療の環境整備など、若者の育成を目的とした公益財団です。

  2018mako0217                       ( 写真左から王貞治、井口資仁、吉村禎章の各氏)

                                                                                       (2018年12月25日)

 

第35回三多摩児童養護施設の駅伝・マラソン大会は、平成30年11月23日(金)、東京・立正佼成会青梅練成道場で開催され、11施設が参加し熱戦が展開されました。

2018006_3マラソン参加者は174名参加し、第1レースから第4レースまでリタイア者なく全員が完走しました。

表彰は各レース1~6位までを表彰し、1~3位の選手には報知社会福祉事業団寄贈の「表彰盾」を贈呈しました。

                                                 

20180202

                             

     (平成30年12月18日)

第1回チャリティ紅白歌謡祭(報知新聞社協力)が12月2日、東京・日本橋浜町の明治座で開催されました。プロ歌手のほか、舞踊家、アマチュア歌手など約180名が参加したこともあり、かつてない盛り上がりを見せました。

2018_3開幕前、主催のジャパンミュージックカンパニー(笠間千保子代表取締役)より、チャリティー寄付金5万円が報知社会福祉事業団に寄託されました。               

  (12月10日)

報知新聞社主催の「大健康チャリティーウオークin大阪城公園」が11月18日(日)に、大阪市内で開催されました。

ともに大阪城音楽堂発着の13キロの部に413人、8キロの部に519人と、計932人が参加。

かつて「浪華八百八橋」と呼ばれたウォーターフロントの橋や大阪城の景観を楽しみながら歩きました。

ゴール後にはチャリティーオークションと大抽選会も実施し、参加費の一部とオークションの売上金を合わせた10万3950円は、報知社会福祉事業団を通じて「大阪府みどりの基金」へ寄託されました。   

                                                                                    (平成30年12月3日)

関東女子ゴルフ倶楽部は11月6日、神奈川県・相模カンツリー倶楽部で第131回秋季大会を開催し、山下尚子さんが優勝しました。成績はつぎの通りでした。

なお、今年も寄付金10万円のご厚志をいただきました。

【成績】

▼優勝・山下 尚子、2位・井木 薫子、3位・有澤 道子、4位・堤 英子、5位・中西 益子、6位・斎田友紀子、

7位・魚谷 政子、8位・玉置 直美、9位・竹内スミ子、10位・青柳 由利

(平成30年11月6日)

民謡民舞全国大会(日本民謡協会主催、報知新聞社、読売新聞社など後援)が11月1日から4日まで4日間、東京・品川区立総合区民会館きゅりあんで開催されました。

全国各地の予選を勝ち抜いた代表が、会場の盛大な応援をうけ歌と踊りを競い、各部の優勝者が次の通り決まりました。

【民謡高年三部旗戦】

松の組・鵜殿マサエ(流水)、梅の組・山下茂暉(金沢ことじ)

【民謡高年二部旗戦】

松の組・八城功(渡辺八章)、梅の組・荒牧陽子(水前寺)

【民謡高年一部旗戦】

松の組・渋谷四郎(秋田中央)、梅の組・小野寺康子(浅草みどり)

【民謡壮年部旗戦】

松の組・福山幸司(北大島)、梅の組・鈴木久広(榮作)

【民謡中年部旗戦】

松の組・原田武(広島あきじ)、梅の組・高橋哲子(青森竹伸)

【民謡成年部旗戦】

冨岡久美子(秋田小田島)

【民謡青年部旗戦】

石田桃子(札幌久保田)

【地区代表合唱コンクール】

九州地区・熊本喜代則会

【民舞緑旗戦】

岩手細川会

【民舞黄旗戦】

喜幸会

【民舞紅旗戦】

北川会

【内閣総理大臣賞争奪戦】

民謡・坂崎守寛(西日本地区大会)、民舞・岩手細川会

                                                                                 (平成30年11月5日)

Dsc_3355宮本さんら病気と闘う子供たちを激励

「ファンケル キッズベースボール」(主催・報知新聞社、公益財団法人報知社会福祉事業団、特別協賛・株式会社ファンケル)で講師を務める宮本和知さん(元巨人)、西山秀二さん(元広島)、関本賢太郎さん(元阪神)、久保文雄さん(元横浜大洋)が、10月14日、大阪・豊中市の市立豊中病院を訪問しました。

   (一般の入院患者のみなさんとも交流のあいさつ)

講師4人はユニホームで小児病棟を回り、病気と闘う子供たちにサインボールを贈るなどして激励。阪神の帽子をかぶって講師を待っていた長瀬陽次君は、関本さんからサインのボールを手渡され満面の笑みを見せました。また一般の入院患者とも一緒に写真に納まり、サインするなど笑顔で交流しました。

入院中の平井初子さんは「いいことだと思います。(講師は)笑いを届けてくれる」とうなずいていました。同院の堂野恵三院長は、「入院」生活は単調になってしまうので、すごく元気になれると思います」話されました。

Dsc_3304

病気と闘う子どもたちを激励する(後列左から)久保さん、西山さん、1人おいて宮本さん、関本さん。

「ファンケル キッズベースボール」は、野球教室の開催だけでなく、社会貢献活動の一環としてプロ野球OBの講師陣による病院激励訪問も行っています。

                                      (平成30年10月16日)

 

公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長(63)が10月1日、東京・港区の報知新聞社を訪問し、公益財団法人報知社会福祉事業団の丸山伸一理事長(報知新聞社社長)に寄付金200万円を寄託しました。

今年7月の西日本豪雨と9月の北海道胆振(いぶり)東部地震の復興支援に役立てられる予定です。

5bb1c884tg2_1_4

倉本会長(写真右)は「少しでも役立てていただければ幸いです」と話されました。

5bb1c907tg5_1_2

丸山理事長は(写真左:左から1人目)は、「ありがとうございます。

しっかりと活用させていただきます」と約束しました。

                                                        (平成30年10月2日)

 

静岡よみうりカントリークラブ(総支配人・浦田和慶氏)から平成30年9月14日、報知社会福祉事業団に27,300円寄付金の寄託を受けました。これはゴルフ大会「第27回読売・Daiichi-TVCUP」で集まったチャリティー金の一部で、今後の福祉活動に活用させて頂きます。

                                                                                               (平成30年10月1日)