Dsc09465_7

公益財団法人報知社会福祉事業団(丸山伸一理事長)と公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA・倉本昌弘会長)は平成31年2月27日、28日の両日、昨年9月の北海道胆振東部地震で被害の激しかった安平町、厚真町、むかわ町へブルゾン240着を寄贈しました。2月28日の贈呈式に出席した片倉修PGA理事は「一日も早く町民の皆さんが安心して暮らせることを願っています。PGAもできる限りの支援をしたい」と語りました。及川秀一郎安平町長は「暖かいブルゾンは本当に助かります。これから復興に向け、前向きに取り組んでいきます」と感謝の言葉を述べました。

                                                                               及川安平町長(右)に目録を渡す片倉理事

Dsc09457_4 竹中むかわ町長(左)に目録を渡す石尾事業団理事

Dsc09466_4 吉田厚真町福祉課長(左)に目録を渡す石尾事業団理事

                                          (平成31年3月5日)

2019年度児童福祉週間標語・最優秀作品決定!

厚生労働省はこどもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めて、児童福祉の理念を普及・啓発するための各種事業及び行事を行っています。

児童福祉の理念を広く啓発する標語を全国から募集し、有識者等で構成された標語選定委員会により選考した結果、次の作品を2019年度の標語と決定しました。

報知社会福祉事業団は、支援団体としてホームページに掲載し広報に協力しています。

 

【最優秀作品(1作品)】

 ・その気持ち 誰かを笑顔にさせる種          (吉村  唯さん 14歳 山口県)

 【入選作品(11作品)】

 ・1つのえがおから たくさんのえがおへ        (川上 未来さん 11歳 長崎県)

 ・たくさんの 出会いが僕を そだてるよ        (関  祥汰さん  8歳 千葉県)

 ・さかせよう 自分の得意を まんかいに        (増田 凛斗さん 12歳 愛知県)

 ・包めるよ いろんなものを 君の手で         (柴  真視さん 14歳 静岡県)

 ・みらいのね かぎをきみたち もっている       (大塚  壮さん  7歳 鹿児島県)

 ・たいせつな 1人の思い 受けとめて         (佐久間揺心さん 14歳 茨城県)

 ・ブランコに のってゆめまで とどくかな        (根岸 希空さん  8歳 青森県)

 ・できるかな やってみようよ ちょうせんだ      (阿部  渉さん  8歳 茨城県)

 ・やさしさで みんなの笑顔 さきだすよ        (池頭 紗也香さん 9歳 茨城県)

 ・かがやくよ こどものえがおがにほんじゅう      (吉田 颯真さん  7歳 茨城県)

 ・愛されて 大きく育つよ 小さな芽            (橋本 杏香さん 19歳 青森県)

                                                                                 (平成31年1月29日)

「第20回ゴールデンスピリット賞」の表彰式が12月4日(火)、東京・京王プラザホテル新宿で、ロッテ・井口資仁監督が受賞しました。

この賞はプロ野球人の社会貢献活動を表彰するもので、井口監督1997年から社会貢献活動を開始。20年以上のわたる継続性と多岐性も評価されました。

また、王貞治(ソフトバンク球団会長)、吉村禎章(巨人打撃総合コーチ)の両氏が特別賞を受賞しました。

報知新聞社からの賞金200万円は、受賞者が指定した「世界こども財団」に寄贈するため、報知社会福祉事業団に寄託されました。

「世界こども財団」は日本をはじめ世界で困難を抱えている子どもたち、青少年を支援している財団で、教育、医療の環境整備など、若者の育成を目的とした公益財団です。

  2018mako0217                       ( 写真左から王貞治、井口資仁、吉村禎章の各氏)

                                                                                       (2018年12月25日)

 

第35回三多摩児童養護施設の駅伝・マラソン大会は、平成30年11月23日(金)、東京・立正佼成会青梅練成道場で開催され、11施設が参加し熱戦が展開されました。

2018006_3マラソン参加者は174名参加し、第1レースから第4レースまでリタイア者なく全員が完走しました。

表彰は各レース1~6位までを表彰し、1~3位の選手には報知社会福祉事業団寄贈の「表彰盾」を贈呈しました。

                                                 

20180202

                             

     (平成30年12月18日)

Dsc_3355宮本さんら病気と闘う子供たちを激励

「ファンケル キッズベースボール」(主催・報知新聞社、公益財団法人報知社会福祉事業団、特別協賛・株式会社ファンケル)で講師を務める宮本和知さん(元巨人)、西山秀二さん(元広島)、関本賢太郎さん(元阪神)、久保文雄さん(元横浜大洋)が、10月14日、大阪・豊中市の市立豊中病院を訪問しました。

   (一般の入院患者のみなさんとも交流のあいさつ)

講師4人はユニホームで小児病棟を回り、病気と闘う子供たちにサインボールを贈るなどして激励。阪神の帽子をかぶって講師を待っていた長瀬陽次君は、関本さんからサインのボールを手渡され満面の笑みを見せました。また一般の入院患者とも一緒に写真に納まり、サインするなど笑顔で交流しました。

入院中の平井初子さんは「いいことだと思います。(講師は)笑いを届けてくれる」とうなずいていました。同院の堂野恵三院長は、「入院」生活は単調になってしまうので、すごく元気になれると思います」話されました。

Dsc_3304

病気と闘う子どもたちを激励する(後列左から)久保さん、西山さん、1人おいて宮本さん、関本さん。

「ファンケル キッズベースボール」は、野球教室の開催だけでなく、社会貢献活動の一環としてプロ野球OBの講師陣による病院激励訪問も行っています。

                                      (平成30年10月16日)

 

第34回三多摩児童養護施設バレーボール大会が、平成30年8月23日開催されました、

今年も(公財)報知社会福祉事業団のトロフ―とメダルをかけて、8施設の児童養護施設に住む子どもたちが熱戦を繰り広げました。子どもたちは練習の成果を存分に発揮し、最後まであきらめずにボールを追いかけていました。

大会の結果は次の通りです。

優 勝:生長の家神の国

準優勝:武蔵児童学園

3 位:東京恵明学園児童部

4 位:今井城学園

5 位:エス・オーエス子どもの村

6 位:こどもうち八栄寮

7 位:れんげ学園

8 位:ベトレヘム学園

                                 (平成30年10月1日)

 

20185b4418ectg1_3

       野球とゴルフで子供を笑顔に!

「ファンケル&PGAチャリティーin宮城県仙台市」が7月7日、仙台市太白区の東北工業大学八木山キャンバス体育館で行われました。県内在住のファミリー153人が参加し、ファンケルパートナーで前巨人軍監督の原辰徳さん、PGA会長でプロゴルファーの倉本昌弘さんらと野球やゴルフで交流し、楽しい一時を過ごしました。

「ボールで遊ぼう 野球とゴルフ!」をサブタイトルに掲げる今回のイベントは初心者、経験者にかかわらずキャッチボールたスナックゴルフを体験し、野球やゴルフに興味を持ってもらうのが狙いです。原さん、倉本さんをはじめ講師陣が登場すると、参加者から大きな拍手が起こりました。

まずはゴルフから。スナックゴルフは米国が発祥でランチャー、ローラーと呼ばれるクラブはプラスチック製で通常のクラブより短く、子どもでもスイングしやすい長さ。テニスボールより一回

20185b441aectg1_3

りほど小さいボールも柔らかく安全。女子ゴルフ界のホープ、畑岡奈紗プロも小学生のころに親しんでいたそうです。倉本さんが正しいクラブの握り方、構え、スイングの仕方を説明。槙岡光浩さん、松井丈さん、杦本晃一さん、鈴木之人さんといったPGAプロのアドバイスを受けながら、パターに似たローラーを使って打つコーナー、ランチャーで短い距離を打つコーナー、フルスイングする3コーナーに分かれて体験。ボールを打つごとに歓声が上がっていました。

ゴルフのあとは野球。宮本和知さん(元巨人)が正しいボールの握り方、投げ方を教えると、原さんと倉本さんがキャッチボールで手本を披露。捕り方、スイングを鉄平さん(元楽天)が教え、キャッチボール、ゴロキャッチ&スロー、ティー打撃の3か所に分かれて体験しました。

野球とゴルフを楽しめるイベントにどのファミリーも満足した様子。氏家満悠さんは「ゴルフでボールを打ったらネットに入ってうれしかった」と笑い、父の龍彦さんも「とてもいいイベントですね」と親子で喜んでいた。

20185b441baatg1_2

東日本大震災の復興支援活動の一環として行われているゴルフと野球のコラボレーションは、一昨年10月に福島市、昨年7月に宮城県亘理町で開催し、今回3回目だったが、盛況のうちに終わった。

原さんが「いろいろなスポーツを一生懸命やって、汗をかくことが大事」と言えば、倉本さんは「子どもの笑顔が何よりうれしい」とうなずいていました。

(平成30年7月31日)

      PGA植田副会長   「みなさんの笑顔をゴルファーの仲間に伝えます!」

Img_0584_4

公益財団法人報知社会福祉事業団(丸山伸一理事長)と公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA・倉本昌弘会長)は7月9日、2011年東日本大震災で被災した岩手県・大槌町立の小中一貫校・大槌学園にグランドピアノを寄贈しました。今回の寄贈はPGAの寄付金をもとに実現しました。震災で町内の小中5つの学校が使用不能となり、5校が統合する形で16年同学園が誕生し、音楽活動が盛んだがこれまで音楽室にはグランドピアノがないため、今回寄贈となりました。

(写真は左から植田PGA副会長、松橋文明学園長、石尾伸事業団事務局長)

カワイ製のまっさらのピアノで、ピアニストの島田彩乃さんの伴奏で7年生(中1)の生徒64人が学園歌斉唱。「アラベスク」などを奏でた島田さんは、「いろんな音色がイメージ通りにでた。このピアノをいっぱい弾いてください」とメッセージを送り、生徒代表の三浦夢偉(めい)さんは「10月の合唱コンクールに向けて、このピアノで上達できるように頑張ります」と感謝を伝えました。

出席した植田浩史PGA副会長は「みなさんの笑顔が見られたことをゴルファーの仲間に伝えます」と話し、事業団の石尾伸事務局長も「音楽のある学園生活を送ってほしい」と期待しました。 

                                          (平成30年7月17日)

 Img_0603_3

(写真は島田彩乃さんの伴奏で学園歌を斉唱する生徒達)